晴れ時々雨

W不倫ブログ

話し合い その後

目の前の彼は必死でした


私を抱きしめながら 俺のことが好き?


愛してる? と何度も聞きました


rionを失うのが恐い とも言いました


私を失いたくないという気持ちは 本当なんで


しょう


私のことを 大好きで 大切に思ってくれてい


るのも本当なんでしょう


お付き合いしてきた3年4ヶ月


ほぼ毎日欠かさずに連絡をくれた彼


愛してるよ 大好きだよ 可愛いいね と


いつも言葉に出して伝えてくれた彼


どんな些細ことでも 私が訴えたことには


私の納得いくまで話しを聞いて 


必ず 解決策を考えて 実行してくれた彼


私が彼に愛されていると 自信を持って思えた


のは 彼のお陰だと思います


今でも それは 変わりません


彼のことが大好きな気持ちも全く変わりません


でも ただ一つ 私の中で 変わったことがあ


ります


それは 彼に女性として愛されてるのは 私だ


けだと自信を持って 思えなくなったことです  


100パーセントの気持ちで大好きな人を信じれ


なくなったことです


彼は私に 自分の理念に反して狡いことをした


俺をどう思う? と聞きました


どんな人でも 弱さや狡さがあるのは当たり前


だと思う


どんな時でも 清く正しく 自分の行いに誇り


を持って生きれる人なんて いないんじゃない


かな


現に私も 貴方と不倫してる


でも 大切なのは その自分の弱さや狡さを


ちゃんと認めれるかどうかだと思う


現に 貴方は 反省してるし 後悔もしてる


だから そのことについて 非難するつもりは


ないし そんなことで 貴女への好きな気持ち


が変わったりなんかしない


私にとって重要なことは 貴方が私に対して 


誠実であるかどうかなの


目的は仕事の為 気持は入ってなかったとか 


そんなことはどうでもいい


演技だろうがなんだろうが 


現に貴方は 私以外の女性に甘い言葉をささやいた


食事にいって 楽しい時を過ごした


キスをした


40過ぎたいい大人同士 


しかも女性は貴方に気がある 


その先がなかったとは 到底思えない


私に 毎日愛の言葉を囁きながら 


貴方は 私以外の女性と そーいうことをしたの


何をどう言われても この事実を 受け入れる


ことは出来ない


嫌! 嫌! 嫌! 嫌! 嫌!


私の全細胞をかけて嫌! 


と私は言いました

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。